母乳が出る仕組みとは

 
ホルモンの働き

女性は赤ん坊に乳頭を吸われることでプロラクチンというホルモンが
放出され、それによって母乳がつくられ赤ん坊に栄養を供給します。

しかし母乳は女性なら誰でも出るものではありません。
ほとんどの人は赤ん坊が生まれるまで出ないわけですが、これは
胎盤という部位でつくられるエストロゲンというホルモンが普段
母乳が出ないように抑えているためです。

それが胎盤をとおって赤ん坊を産むことで一時的にエストロゲンの
働きがなくなり母乳が出るようになるのです。

また、妊娠をした時点でも女性ホルモンのエストロゲンが増加し、
乳房の中に張り巡らせている乳腺が発達してきます。
ただ、エストロゲンは母乳の分泌を抑える働きもあるため、
妊娠中はまだ母乳がほとんど出ないのです。