水中での気圧と肺胞が破裂する原因

 

スキューバダイビングなどで水中から浮上する場合、息を止めたまま浮上
すると肺胞が破裂するといわれます、この原因はスキューバダイビングなど
では水深の深い気圧の高いところで酸素ボンベを使い呼吸をするためで、
気圧の高いところで呼吸をすると肺の中の気圧も同じようにあがることに
なります。

そのまま息をとめて気圧の低い水上にあがって息をすると気圧差によって
肺胞が膨れ上がり破裂してしまいます。

肺胞は弾力性のない薄い膜なため簡単に破裂してしまいます。
そのため例え息を止めていなくても水深の深いところから浮上する場合は
一定以上のスピードを出さないように注意されています。

また酸素ボンベを使わない素潜りでは肺胞の気圧が変わることはないため
息を止めたまま浮上しても破裂することはありません。