空気の重さとその測り方

空気にも実は重さがあり、少量では数値にしずらいですが、1リットルでは約1.2グラム
となります。

ただし空気の重さは気温によってわずかに違い0度では1.29グラムほど、20度になると
1.2グラムほどで温度が高いほうが少し軽くなります。

実際に重さを量ってみるにはスプレーなどに空気を入れてから重さを量り、その後
空気を噴射してから再度量ると空気の重さ分だけ軽くなっていることで
調べることができます。

もちろんこの場合はそうとう大きなスプレーでもない限り精度の高いはかりがないと
わからないほど空気は軽いものです。