録音した声が喋る時と違う理由

 
キーが高く聞こえる

録音した声が普段喋っている時と違って違和感を覚えた人も多いと
思いますが、本来はその声こそが本当の自分で他の人たちはそう
聞こえているはずです。

この違和感の正体はキーが高く聞こえる、ことによるものです。

なぜこのように違いが出るかというと、普段自分が喋っている声は
外から聞こえているのではなく頭蓋骨を通り、内耳に直接響いて
いるためです。
これを骨導音といいますが、骨導音は低い音を伝えやすい性質が
あるために普段自分が喋っている時に聞こえる声は低く、つまり
録音した声は普段より高く聞こえているのです。

ちなみにこれは誰もが感じる事なので、自分の声はおかしいかもしれない、
と悩む必要はありません。