指紋でなぜ識別ができるのか、その役割

 
なぜ指紋で人を識別できるのか

指紋は世界中の人を比べても違いがあり、さらに家族や兄弟と
いう血のつながりのある人同士でも違いがあるため確実に識別が
できるのです。

そしてもう一つ、年齢や成長によって変化が起こらないというのも
理由です。
ケガをして一時的になくなったとしても再生されればまた同じ形状と
なっています。


指紋はなんのためにあるのか

現代では犯罪捜査やセキュリティのために利用されていますが、
本来はものをつかみやすくするためのすべり止めであると言われ
ています。

そして人間と同じように手でものを掴む習慣のある猿には指紋があり、
それ以外の動物には存在しないという事実もあります。