心臓は癌にならないのか

日本人の死因の第一位は癌となっています。
これは上皮細胞からできた悪性腫瘍を言うのですが、その主なものとしては
肺、肝臓、子宮、乳癌などです。
ちなみに部位別の上位は「乳がん」「肺がん」「胃がん」です。

臓器の中でも心臓癌というのは聞きませんが、それは心臓が基本的に
高温で活動しているため熱に弱い癌細胞が生きられないためです。
人間の体温は平熱では36度前後ですが、癌細胞は体温が40度以上になると
死滅すると言われています。

心臓は体全体が発生する熱の10%以上をつくり出しているくらいですので、
常に40度近くの高温になっているのです。

このことから癌ができる可能性は極めて低くなっています。

そして癌は細胞分裂の際の異常が原因となることがあるのですが、他の
臓器と比べ、心臓は細胞分裂が少ないため発生しずらいのです。

これら二つの原因から心臓が癌になることはほとんどない、といって
いいわけです。

しかし負担のかかりすい部位であるのでそれ以外の病気になることはあります。