寿命を延ばすための生活、方法

 
肉類を食べすぎない

肉中心の生活はメタボリックシンドロームになる確率をあげ、動脈硬化
になりやすくなってしまいます。

また肉が好きな人は野菜をあまり食べない人もいるため栄養がかたより
やすく、若いころは問題なく過ごせていても歳をとってから中性脂肪
が増えていると指摘されることが多くなります。


一日の睡眠時間を6時間未満にしない

統計では一日の睡眠時間は7~8時間の人が最も平均寿命が長いという
結果がでています。
それより短くても長くてもよくないようですが、6時間未満になると
顕著に寿命が落ち、脳の働きも悪くなってしまうので気をつけましょう。


ストレス発散の方法を見つける

ストレスは誰でも受けるし避けられないものですが、それを発散する
術がないとやっかいなことになります。
過度のストレスは自律神経を乱し、免疫力を低下させます。
そしてそれが慢性化するとうつ病にもなりえ、自殺の原因にもなるためです。


朝に激しい運動をしない

朝起きて間もない時は体温が上がりきっていません。
その状態で運動をすると体に負担をかけてしまうのです。
朝はタンパク質をとることで体温の上昇が早くなるため、特に朝食前の
運動はしないようにしましょう。